業務マニュアルの作成

自社の特徴や優位性を明確化し、競合他社よりも高い評価を得るために、マニュアルの確立はとても重要です。営業方法ひとつとっても、顧客から高い評価を得られるハイレベルな手法をマニュアル化し、徹底して全営業スタッフに標準化することが有効となります。
大切なのは、自社の優位性の伝達と多階層・多部門営業、及び業績先行管理の実践です。貴社幹部様とともに、マニュアル作成のポイントを伝授しながら進めて参ります。

業務マニュアル作成のステップ

業務マニュアル作成委員会を設立(営業員全員の参加も可能です)
業務マニュアルに定める項目を検討
営業活動のレベルアップが効果的な項目を優先的に定めることが重要です。

例)

  • 経営理念・経営方針
  • 受注獲得までの標準プロセス
  • 3ヶ月業績の先行管理の仕方
  • 多階層・多部門営業の仕方
  • 案件の個別検討の仕方
  • 受注情報管理方法
  • 週間行動管理方法
  • 人間関係強化方法
  • 情報収集活動方法
  • Q&Aの標準化(よくある質問への合理的回答の標準化)
  • 提案書等作成方法
  • 商品知識
  • 顧客情報活用方法
  • 不良債権発生への対処方法
以上をまとめて業務マニュアル化
各項目毎にハイレベル営業方法を決め、業務マニュアルとして標準化
全営業員へ運用を徹底

標準費用 60万元(税別) /半日*10回分
※マニュアル項目数により費用が異なります。

Tempstaff Taiwan