人事評価制度の作成

給与や人事評価制度は、社員を育成し安定した業績基盤を確立するための基礎となり、企業の指針を示す道具となります。そのため単に給与や賞与、昇給昇格の決め方を示すものではなく、業績向上に直結する制度であることが求められます。
弊社では、貴社の経営幹部様とともに制度作成委員会を設立し、約4カ月間のサポートで完成へと導きます。

人事評価制度作成のステップ(例)

貴社内各部門の責任者で人
事評価制度作成委員会を設立
現行の人事評価制度を把握
業績評価や能力評価等、新制度の方針を決定
業績評価方法を検討
会社が必要とする人材特性を基準に
能力評価方法を検討
各評価項目の評価判断基準を
できるだけ客観的に決定
人事評価表を作成
人事評価マニュアルを作成
新人事評価システムの評価方法を徹底

例)
■ 売上高・利益・生産額等による評価
■ 目標管理の達成度による評価
■ Job Discription実行度による評価

例)
■ 一般従業員 ⇒ 積極性・責任感 等
■ 管理職 ⇒ 計画力・リーダーシップ 等

例)
■ 積極性 ⇒ 会議での発言・質問頻度、提案件数、等
■ 計画力 ⇒ 今後の方策を考えるだけでなく、方策を実行する前に自己の問題点やその原因を把握できている、等

業績評価項目と能力評価項目の構成比率を決め、管理職用・一般従業員用を作成きます。

すべてを1冊のマニュアルにまとめて全従業員へ説明

管理職による評価訓練を実施

標準費用60万元(税別)/半日*10回分
※対象人数や部門数により、作業量及び費用が異なります。

Tempstaff Taiwan