メールマガジン2014年4月

【本メールマガジンは、弊社担当者と名刺交換させて頂いたお客様へお送りしております】

お仕事の合間に、ちょっとしたお手すきのお時間に、是非ご覧頂ければ嬉しく思います。

 

いつも大変お世話になっております。

インテリジェンス台湾の渡辺でございます。

 

ついに台湾が1位に~!

日本旅行業協会が発表した「ゴールデンウィーク旅行同行調査」によると

人気旅行先の海外部門で台湾が1位になったそうです。

最近では、台湾のスイーツカフェが次々の日本のおしゃれスポットへの進出を果たし、

台湾ブームになっているようですね。

うん。これはなんだかうれしい♪台湾の魅力が浸透してきているようで。

毎回、帰国の度に重たいパイナップルケーキを買わなくても良くなるし。なんてね!

ともあれ、今週末の小籠包屋さんは行列必至で避けた方がよさそうですね。

 

さて、今月もおすすめ人材・その他情報をご紹介します。

ぜひこの後も、最後までお付き合いください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■新連載コラム『グローバル時代の人財育成』Vol.1■■

~国や文化を超えて真に信頼関係のあるよりよい組織をつくるために~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

お客様:「メルマガだったら、普通、コラムぐらいはあるよね?」

私:(ぎくぅっっ!!!)「そ、そうですよね。じゃあ、私書きますー!」

お客様:「ホント?出来んの?」

私:「出来ません・・・。その道のプロの方にお願いしてみますっっ。」

 

・・・というわけで、今月よりコラムの連載を始めます!

しかも、これまでお客様から寄せられる相談件数堂々1位の「人材(人財)育成」について、

社団法人コーチアプローチファシリテーター連盟理事長、大山裕之氏に執筆していただく ことになりました!

しかも、しかも、単なる人財育成ではなく、「グローバル時代」における人財育成がテーマ です。

大山氏は、「人間力」をベースとした人財育成支援に定評のあるコンサルタントです。

メルマガ読者の皆様のお悩み解決に、少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

『グローバル時代の人財育成』

~国や文化を超えて真に信頼関係のあるよりよい組織をつくるために~

 

 台湾でマネジメントをされている皆様にとって、もっとも重要な関心事項はローカルスタッフ としっかりコミュニケーションを取り、

よりよい組織を作り上げ、パフォーマンスを上げるとい うことではないでしょうか?

 

・駐在員と現地ローカルマネージャーのコミュニケーションがうまくいっていない。

 ・日系企業に働きに来ているのに、なぜ日本を理解してくれないのだろう?

 ・言われたことはするが、自ら工夫したり改善したりしてくれない。

 ・会議の席では「わかりました・やります」と言うが、行動変容が見られない。

 ・現地のスタッフに全て任せていきたいと真剣に考えているのに、理解してくれない。

 

これらは私が海外の現地法人総経理や人事担当者と話をして、必ず上がってくるお話です。

 

こんにちは、コーチアプローチファシリテーター連盟の大山です。

これから数回に渡り、これらのことについて皆様と一緒に考えていきたいと思います。

 

 私がグローバル・マネジメントについて考え始めたのは、もう何年も前です。

 当時、大前研一氏の会社で、オフショアBPOつまり、日本企業の間接業務を中国で オペレーションする事業を行っていました。

 私は日本側の営業責任者でした。そして、日本側のお客様でもある仕事を出す側と、

 実際に業務を行う中国側とのコミュニケーションが上手くいかず、いつもトラブルが 続いていました。

 このままでは営業もままならないということで、中国人マネージャーにコーチング教育を

やってはどうかという話になりました。

 そして私が中国人マネージャーの教育担当になってしまったのです。

 

「えっ!中国人にコーチング?それは難しいだろう!」と、グローバル・マネジメントを頭 では理解しているつもりでしたが、

正直「無理だ!難しい!」と直感的に感じてしまいました。

 

 しかしこれが、大きな予想外の展開となり、その後の私の人生を変えてしまうことになるとは その時には知る由もありませんでした。

 

 実際にコーチングの教育を行うと、中国人マネージャーの皆さんは、めきめき吸収し成長し、

自チームのマネジメントはもちろんのこと、日本のお客様とのコミュニケーションもうまくいく ようになって行ったのです。

 

 このことから、私は中国人の考え方や、なぜ意思の疎通がうまくいかないかということに、 とても興味を持ちました。

 そして中国人と、とことん話し会いを繰り返しました。互いを理解し 合うこと、そのためには人間の本質を知ることが必要ということに気が付きました。

 当時の自分の思い込みに気が付き、思い込みがいろいろな場面で良くない結果を引き出している ことを理解していったのです。

 

次回以降、国内外の経験や、心理学の研究から、どうすれば世界中の人と信頼関係を築くことが できるのか、真のグローバル人財の育成についてお話していきたく思います。

 

続く・・

 

 

◇◇著者プロフィール◇◇

大山裕之  コンティニュウ株式会社 代表取締役社長  社団法人コーチアプローチファシリテーター連盟 理事長 国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ

大手電機機器メーカーマネージャー時代にマネジメントにおいてコミュニケーションの 重要性に気づきコーチングを学び、自ら組織で実践する。

その後大前研一(元マッキンゼー)率いるコンサルティングファームに入社。 中国にてコーチングを実践そのグローバルな可能性に着目。

その後日本最大のコーチングファームに入社。企業研修プログラムの新規開発等に従事。

その後心理学をベースとした「コーチアプローチファシリテーション」メソッドを開発 、その普及のためにコンティニュウを設立。

個人及び組織内コミュニケーションの開発活性化、 セルフプレゼンス、チーム運営、リーダーシップ開発、ファシリテーションモチベーション アップなどをテーマとする研修や講演を行う。

 また、マネージャーのパフォーマンス向上に向けた検討プロジェクト、組織風土変革の プロジェクトに多数参加。

これまで経営者、マネージャー、プロジェクトリーダーを始め、経営者、起業家などの 多数のパーソナルコーチ、企業向けコーチングを行っている。

日経プレジデント、TBSがっちりマンデー等に出演。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ コンサルタントの小ネタ ■■

今回は、わが社のコンサルタント☆Connieからのコネタです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5/3~6/30、「2014福隆國際沙雕藝術季」が開催される予定です。 http://www.taiwannews.com.tw/etn/news_content.php?id=2464896

毎年行われるイベントですが、世界中のプロが事前に台湾に来て福隆現地で作った砂の彫刻の美術展です。

台北からも遠くないので、暑い夏の始まりとして普段のストレスから開放するのにいいのではと思います。

※福隆とは、台湾の東北角にある海水浴場です。  (観光バスの「台灣好行-黃金福隆線」に乗れば九份なども一緒に行けます。)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ その他 ■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

★人材活用・課題解決に役立つ情報が満載です★ テンプ ナレッジマガジン http://www.tempstaff.co.jp/magazine/index.html

 

=配信停止のご連絡は= 大変お手数ですが、下記アドレスに送信不要の旨ご連絡をお願い致します。      info@inte.com.tw

Tempstaff Taiwan